子どもが試合で負けた時の支え方

昨日の末っ子のテニスの試合、
明らかに技術は上なのに、
負けてしまいました。

結構そうなんですよね~

端から見ていて、マッチ練習とかでは
楽に勝てるだろうと思う子に
案外あっさり負けちゃう…(-_-;)

で、末っ子は初めて
「こんなのばっかで、もう勝てる気がしない…
試合に出たってしょうがないよ…!(>_<)」
と、弱音を吐きました。

…さぁ、あなたなら
どんな声かけをしますか?

昨日の試合会場~気持ち良かった(^^)

実は、ジュニアのテニスの試合って、
外からのアドバイスはもちろん、
応援さえもタブーなので、
親御さんはモヤモヤを心に残したまま、
どんどん募るわけです…

そして、負け試合の後、
爆発しているお父さんを見つけたり、
酷い時は、相手の選手のジャッジに
文句を言う方を見かけたことも…(^_^;)

または、
まぁ、自分で悩むしかないんで…と
そのまま放置することも可能ですよね。

放置して自ら考えることは大切なので、
有る意味、とてもいいスタンスだと思います。

ただ…そうすると時間は掛かりますから、
短いジュニアの期間で何も結果が出せないと
いうことも…

だから、
コーチング的なサポートを利用することは、
とてもプラスになります。

**********

…昨日は、感情的になっている息子と、
一つ一つ、確認作業。

自分が試合前に決めていた、
「今日試すこと」
は、なんだったのか。

「技術がぶれた時の確認ポイント」と
「どうしてもぶれ続けた時の戦い方」は
なんだったのか。

今の自分が
試合の「きほんのき」にしていることは、
なんだったのか。

などなど、

それら一つ一つについて、

・やれていたか
・やれない時はどう対処したか
・これからどうしたらいいか

…そういうやり取りをしました。

最後には

「試したいことがあるから、
今日のレッスンに出席できるように
早く帰ろう!」

と、なりましたよ(^^)

車中でも、自分の試合のビデオを見て、
更に細かく分析していたようです(^^)d

短時間でこういう風に変化してくれるのは、
私が、
カウンセラー・メンタルコーチ的な言葉かけ
をしていることが大きいと思います。

それは、実は、試合前から始まっているし、
普段も然り、ですね。

その準備の仕方は、
また別の機会に(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「子どものやる気アップと保護者対応ワークショップ@千葉」
2月20日(木)10時~12時 に 千葉駅周辺で開催します!

今回は、メンタルコーチングや心理療法等を使った
子どもや保護者とのコミュニケーション、
やる気を引き出す方法をお伝えします。

詳しくは、

こくちーずプロイベントページ

をご覧ください!

ぜひご参加くださいね!

Follow me!

ご予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です