“ありのままの自分に自信がない”

物事や人の気持ちに敏感であるが故に

何かうまく行かないことがあると

「自分がもっとこうしていれば…」と

いつも後悔ばかりして

自分のダメなところを

受け容れられなかった私。

結婚後 夫婦の中でうまくいかないことは

全て「結局自分のせいなのだ」と感じ

常に自分の中に非を探し

自分を責める日々が始まりました。

子どもが生まれ 家事が追い付かなくなると

より自分を責め 気づいた時には「うつ」

そこから 辛い状態のまま 約17年。

良い時悪い時の波はありました。

普段の生活も 対外的なことをしていると

身体は動き、笑顔も出る。

でも 主婦として過ごす時間の殆どは

頭と身体が重く 動けない… 

そんな日々を送りました。

そんな中でも 

3人の子ども達を育てましたが

特に心身が辛い時は

何より大事な子ども達に言葉の暴力を浴びせ

手をあげてしまったりも…

ダメだと思いながら 止められず

酷い言葉を言ってしまうのです。

解っているのに

自分を制することが出来ない

苦しくて 情けなくて

「私はダメな人間なんだ。

全ては私のせいだ。

私が居なくなれば

この子達も主人も救われる…」

と 涙を流すことも よくありました。

しかし

そんな苦しい時期を経た私も

今では ありのままの自分を受け容れ

「ダメな自分も可愛いじゃない♪」と

愛しく思っています。

実は 元気になる過程で

私は 大事なことに気づきました。

今まで嫌だった 自分の性格や過去の経験が

私の強みであったということに。

大家族で育ち

人の心の動きに敏感であるが故に

人の言動には見えない気持ちや

背景があると自然に学べたこと。

そのお蔭で

全ての人の言葉や行動を

受け容れられること。

それが「誇れる部分」だったのだと気付いた私は

私自身の元気のきっかけになった

心理療法によるカウンセリングを学び

心理カウンセラーとなりました。

あなたも、必ず

ありのままの自分を好きになり

心から笑顔になれる日が来ます。

私や私のクライアントさん達が

変われたように。

どうか経験者の私にお手伝いをさせて下さい。

ご一緒に 笑顔の日々を手に入れましょう!

あなたの全てを受け留めます

カウンセラー  西 真理子

<主に使用する心理療法> これらの中から、今のあなたに必要な療法を選びながら、カウンセリングします。
来談者中心療法、可能性療法、 解決志向アプローチ、NLP(神経言語プログラミング)、フォーカシング、
イメージワーク、ゲシュタルト療法
 など

<カウンセリング以外の手法>
ピアノやその他の楽器、歌唱、絵画、絵本の読み聞かせ、アロマテラピーなど、五感を使った手法

ご予約はこちらから